坐骨神経痛を完治・根治させるブログ(ゴッドハンド巡礼の旅)

坐骨神経痛の完治・根治に向けて、ゴッドハンドを巡礼しつつ、様々な治療法を試しています。

坐骨神経痛の治療19(もうマッサージ不要、自分で治すぶるぶる体操)

どうしようもないコリはプロの手を借りるとして、自分でほぐせるものはほぐしたいところ。

発想を変えて、自分がゴッドハンドになればいいんだ、と思うのだが、自分で揉めるところは限りがあるし、揉んでみたところでほぐれた感じはしない。そのため、強く揉んでみるのだがそれでもほぐれない。次の日以降、揉み返しで後悔をする。オーマイゴッドハンド。

わたくしは左右の肩の高さが違うのだか、無意識に力が入ってしまっているために、歪んでいる。
歪みは歪みを呼ぶ。どこかが歪めば、そのバランスを取るためにどこかが歪む。骨盤も歪み、右足に力が入っていてカチカチに凝っていて、寝ていても痛いし、疲れる。

無意識なので力が入っているとまず気づかないのだが、気づいたところでどう力を抜けばいいのかがわからない。
多くの方には理解できないと思うが、神経質でストレスを溜めやすい性格からなのかもともと筋肉が硬く、それが蓄積に蓄積を重ね、リラックスの仕方がわからなくなったのだろう。
遠足に行った日に、疲れ切ってストンと落ちていびきをかくような深い眠りをもう一度してみたい。
最近は眠りが浅すぎて、小鳥のさえずりで目が覚めることすらある。起きた瞬間からもう眠い。完全に末期だ。

そんな自分のために、考案したのがぶるぶる体操だ。
たいていググれば動画が出てくるが、同じような体操が出てこない。文章だけだと分かりづらいかもしれないがご容赦頂きたい。

仰向けになる。膝を立てる(膝の角度は90度くらい)。立てた両膝を左右同時に内、同時に外に倒して動かす。小刻みに内、外に動かし、ハムストリング、ふくらはぎをぶるぶるさせる。
力が入っていると、ハムストリングやふくらはぎがあまりぶるぶるしないのだが、それでも続けていれば、だんだん力が抜けてぶるぶるするようになってくる。わたくしの場合、右が特に硬いため、右は左ほどうまくぶるぶるしないが、それでもいい。

1分×2セット

ぶるぶふ体操の良いところは次の5点だ。

①ひとしきり、ぶるぶる体操を行うと、足の裏から太ももにかけて、血行が良くなるのがわかること。
②それよりなにより、無駄な力が抜けているのが実感できること。
③また、良い血流が寝つきを良くさせること。
座っているときだけでなく、寝るときも痛みがあったため、ここ数年仰向けで寝られなかったのだが、この体操をしてから、仰向けで寝られるようになった。
④最も良い効果だと思うのが、筋肉の緊張が自分で取れるため、治療の効果が長続きすること。
通常のパターンだと、治療する、痛みが軽減される、一定期間経つと痛みが出てくる、痛みを無意識にかばうことで筋肉が緊張する、さらに痛くなる、さらに筋肉が硬くなると悪循環にはハマっていくのだが、自分で筋肉の緊張をリセットできるので治療の効果を長持ちさせられるようになる。
⑤非常に手軽なこと。寝る前にストレッチをやっているが、調子がいいとき、すぐに寝たいときにはどうしてもおろそかになってしまう。ぶるぶる体操は仰向けの寝ている状態で、足をぶるぶるさせるだけなので疲れもしない。マッケンジー体操よりも圧倒的に気軽だ。

逆にやらずに寝るほうが気持ち悪いため、毎日やってしまう。ごそごそ音がするので、違うことをやっていると勘違いされないかだけが心配だ。


坐骨神経痛の治療18(即変化を出すトリックなしのマジシャン、AB◯整体)

ここはその場で変化を出してくるところ。
何度かポチッとクリックしたからか、とにかくこちらのネット広告が良く出てくる。

カチコチに固まっていた体が緩み、柔軟性を取り戻す。

治療は首と足首から始まり、まるでマジックを見せられているような感覚におちいる。
ベットメイキングをやるように、体の上と下を整えれば、体全体がピンと整うという表現がしっくりくるかもしれない。

少しの施術で、バンバン変化が出る。
とにかくすごい。
何か特別なことをやられている感じはない。
特別強くやられていることもない。むしろ、優しい力だ。

こちらに行ったら多くの方が変化を実感できるはずだ。

店舗は1店舗だけではないが、こういうチェーン店系は技術に差があるところも多いのではないだろうか。

担当して頂いた方は見るからにお若い方だったが、バンバン変化を出していった。
おそらく初診客を診る方は変化を出せるだけの技術を持っていると思われる。でなければ、初診客を持たせてもらえないだろう。

再現が容易な技術なのだろう。チェーン店でこれほどまでに変化を出すのは素晴らしい。


おそらく全ての初診客は、1年間の会員になることを勧められる。月額数千円だ。会員になると1回の治療代が割安になる。月2回くれば非会員よりも会員の方がお得になるような料金体系だ。

1年は通ってほしいという理由もそれっぽいことをおっしゃる。

会員になったら、1年会費を払うことになる。元を取るために月2回以上は行くだろう。
1年間の出費は10万円を超える。

月いくらと言われるとそれほど大した金額ではない。
年額に換算すると即決するには躊躇してしまう。当然、店側は年いくらなどということは見せてこない。


確かにその場で変化は出る、でもその場で効果が出ているわけではない。
にもかかわらず、初回でそんなものを勧められても判断できるはずもない。

今は決められないというと、今日決めるなら入会金無料だが、次回だと入会金(月会費よりも高い金額)がかかるという。何故だ。何故、今日なら入会金がかからないのか。

しかも、会員になれば、今回の料金は無料になる。何故、そんなに会員にさせたがるのか。

わたくしが行った店舗のホームページにはそんな会員制度のことは一切書かれていない。何故だ。何故、こんなにお得な料金プランのことが書かれていないのか。

はめこむためにとても良くできたシステムだ。もちろん、会員にならなくてもこちらに通うことは可能だが、個人的には通う気にならなかった。

間違いなく変化は出るが、わたくしは1度でやめた。


坐骨神経痛の治療17(手術は有効か?牽引療法は有効か?)

わたくしの場合、ヘルニアの症状としては軽いため、手術をするほどではないと言われる。
何件かの医者にかかったが、どこでもそう言われる。

かといって有効な治療があるわけでもなく、途方にくれる。

決して手術がしたいわけではないが、「俺が手術でこんな坐骨神経痛なんて一発で治してやる。」とお医者様に言って欲しいだけだ。

手術をしたが再発したともよく見聞きするので、憂さ晴らしに手術の効果について調べてみた。

短期的には手術を行うことで痛みは軽減されるものの、半年後には保存療法と大きな差はないという説もある。

もう一体何を信じればいいのだろうか。

手術をしたくない方、したくても薦められない方はこれを見て、手術なんてしなくていいんだと正当化して頂きたい。ただ、だからといってどう治療すれば良いのか途方に暮れるのだが。

ついでに町医者に行くとやられるやつについても調べた。諸説あるため、日本整形外科学会、日本腰痛学会が取りまとめた腰痛ガイドラインではどう言っているか調べてみた。

温熱療法は急性、亜急性の腰痛に対して短期的には有効、慢性に対しては質の高いエビデンスは存在しない。
とても小難しいが、平たくいえば、急性のやつには効くが、おそらくそれは放っておいても自然治癒で治るやつだ。慢性痛には効果なし。どうしてもやりたい場合は風呂に入れ。

電気神経刺激療法は背術直後のみ痛みを軽減に有効だか、3日後以降は有意差なし。慢性腰痛に対しては無効とするもの有効とするものがあり、一定の結論に至ってない。
1日くらいは気がまぎれるが、効果なし。どうしてもやりたいやつは、銭湯で電気風呂でも入れ。

牽引療法は、有意差がないという質の高いエビデンスが存在。坐骨神経痛を有する腰痛患者に限定すれば相反するエビデンスが複数存在。一定の結論に達至ってない。
坐骨神経痛に効いたらラッキー。坐骨神経痛以外は効かない(えっ、坐骨神経痛に効くかもしれないの?知らなかった。)。町医者で首を牽引してもらっている方を見かけるが、それは効かないやつだ。

腰痛コルセットは疼痛改善に対する効果は認められない。一方、機能改善には有効とする報告複数存在。慢性腰痛に対しては、疼痛および機能改善に効果が認められていない。
コルセットで痛みが軽減することはない。慢性腰痛には効果がない。オーダーメイドのコルセットなんて絶対にだめだ。メルカリでも売れないぞ。

腰痛ガイドラインは勇気ある提言だ。町医者のやっていることはプラセボ効果+αくらしいの効果しか期待できないと言っているに等しい。効果がない、どっちとも言い切れないものが多い。

ついでにいうと、代替療法(マッサージ、鍼など)も他の保存療法よりも効果があるとはいえないと結論づけている。

町医者のやってることはあまり効果が期待できないといっておいて、代替療法は効果があるとはいえないのだから、そのくらいいいよ。わかってるよ。

ちなみに、運動療法は急性腰痛には効果なし、亜急性に対しては効果は限定的、慢性腰痛に対する有効性には高いエビデンスがあるが、運動の種類によって効果の差は認められない。
慢性腰痛に対しては運動が効く。何やっても同じだからとりあえず体動かしとけ。


よくわかったのは、何が効くのかよくわからないということだ。


坐骨神経痛の治療16(リリカ、トラムセット、サインバルタ等の違い)

整形外科に行き、痛みを訴えるとお薬を処方されるが、かかる医者によって出される薬が違う。どういう薬か聞いても、どうせわからないだろ的なあしらわれるような説明しか受けられない。調べても薬学的な作用機序の違いは全くピンとこないので、ざっくり文系的に整理。薬には副作用があるので、実際の処方にあたっては医者、薬剤師に相談されたい。

日本整形外科学会と日本腰痛学会が取り纏めた腰痛ガイドラインでは、薬物療法について以下のように推奨されている。

第一選択薬は急性、慢性ともに、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、アセトアミノフェン

第二選択薬は急性腰痛に対しては筋弛緩薬、慢性腰痛に対しては抗不安薬抗うつ薬、抗弛緩薬、オピオイド

第一選択薬とは、最初に投与すべき治療薬のことで、副作用が少なく、有効性がある程度高いとされる薬が選ばれる。
第一選択薬を投与した後も改善が見られない場合には、副作用の少なさよりも効果を重視した第二選択薬が投与される。

ざっくり、炎症に効くもの、神経痛に効くもの、筋肉をゆるめるものに大別できる。

NSAIDsは炎症を抑えて痛みを緩和する薬。代表的なお薬はロキソニンボルタレンハイペンバファリンもこの種に該当する。

アセトアミノフェンは中枢神経に働きかけて、痛みを感じにくくする薬。代表的なのはカロナール、コカール。市販のナックルもこの種の薬。

筋弛緩薬はその名の通りで、筋肉を弛緩(リラックス)させる薬。代表的なのはリンラキサー、テルネリン

抗不安薬抗うつ薬で代表的なのはサインバルタ。脳に伝えられる痛みを抑制させる。
抗うつ薬ではないが、似たような作用で神経の興奮を抑えるリリカは効果が出るのに1週間ほどかかる。

オピオイドは、痛みを感じる神経の働きを抑える薬。ケシから抽出した成分やその化合物からつくられ、癌などの激しい痛みのものに使われる。

なかにはトラムセットというハイブリッド型のものもある。これは弱オピオイドのトラマドールとアセトアミノフェンが配合されたもの。トラマドールにより、NSAIDsよりも一段階強めの鎮痛効果、サインバルタのように痛みを抑制させる効果に加え、アセトアミノフェンによる効果も得られる。トラムセットはリリカの併用も可。

NSAIDsで試してだめなら、トラムセット、リリカのピンもしくはコンビ、心因性由来の痛みならサインバルタのほうが有効ということだろうか。

症状等により、効き目、副作用に個人差がある。
個人的には、トラムセットはよく効く。

リリカもサインバルタも副作用として眠気がでるが、わたくしの場合、サインバルタでは眠気は誘発されず、リリカでは稀にものすごい睡魔に襲われた。特に副作用で眠気が出るのであれば、頻繁に車等の運転をされる方には向かない。実際、お医者様のすすめで、リリカは服用をやめ、他のビタミン剤(効果は低い)に変えられた。

薬物療法は対症療法に過ぎないのだが、QOLを改善できるのならば、副作用に注意しつつ、お薬を味方したい。



再発

数年は痛みから解放された。

痛みのないという普通のことが素晴らしく思えた。

しかし、再発した。
きっかけはよくわからないが、きっとものすごく些細なことだろう。

特別忙しかったわけではないし、特別過度なストレスを抱えていたわけでもない。

あえていうなら、ベッドが変わってそれが合わなかったくらいか。

違和感を感じて、再度ベッドを変えたが、一度悪くなるともうどうしようもない。

日に日に症状が悪くなる。

ストレッチしようが、運動しようが良くならない。

とんでもなく痛くなり、激痛ではないがとてもじゃないが長時間座ってられなくなる。

かなり悪くなってからだが、日本健康療術センターに行った。

これで治ると楽観視していた。
これが甘かった。
良くはなるのは良くなるだが、前回ほどのスピードでは回復しない。

回復のスピードがすこぶる遅い。


だいぶこじらせてしまっているようだ。

何度か通い、改善したものの、完全に痛みが取れきれない。結構余裕な日もあれば、座ることが苦痛で仕方のない日もある。

このままの状態が続けば、さらにこじらせてしまうかもしれないし、この不安定な状態で生きていくのも危険すぎる。

前回以上のことをやらないとだめだ。


不安が募る。


1年かけてたどり着いた治療が効かない。
次は何年かかるんだ。何年この痛みに悩まされるんだろう。

何をやれば良いのか全くわからない。

危ない病気の可能性もあるので医者にも行った。今回はヘルニアと診断されたが、手術をするほどではなく、お薬を渡され終わる。

今更感のあることも今回はやった。
効かないことで有名な牽引もやった。
賛否あるコルセットもやった。
運動療法もやった。
どれも即効性どころか、効いている感すらない。

以前は原因不明(異常なし)だったので、湿布を渡されておしまいでもしょうがないと思ったが、ヘルニアでも大した差がない。薬を飲んでも効かない。

飛び出たヘルニアは白血球が食べてくれるらしいので、自然に良くなるらしい。白血球の活躍に期待したが、2、3ヶ月たっても全く良くならない。

一体、どうなってるんだ。


坐骨神経痛の治療15(とうとう発見!越谷市のゴッドハンド整体、日本健康療術センター)

埼玉県越谷市大袋駅にある日本健康療術センター。正統派ゴッドハンド。わたくし的には真のゴッドハンドと言いたい。

ここでは、体の歪みを治すことで痛みを取り除いていき、自宅で行うストレッチで効果を持続させ、回復に導いていく。

最初は行くのをためらった。

体の歪みを取る系は巷に溢れているが、腰痛患者も溢れている。

歪みを矯正する系は、治療後は歪みのとれた正常な状態だが、残念なことに1週間もすれば、歪んでくる。歪んでは治し、治しては歪むを繰り返す。時間がかかるイメージがあり、いつ歪まなくなるんだと不安になるからだ。

躊躇する理由は他にもいくつかある。

こちらの矯正法はとても普通っぽかったというのもある。(実際には他ではやられないテクニックがふんだんに盛り込まれている。)

また、激混みで予約が取れないというのもネックだった。実際、最初に行った時には3ヶ月待ち。最長は半年待ちというのも経験した。
今日やべぇ、このままいくとやべぇ時に、すぐに見てもらえないのは厳しい。

怪しい治療法に傾倒しすぎていた感もあったため、オーソドックスなやつもやってみるかと物は試し的な感じでとりあえず、3ヶ月後に予約を入れた。


まずは、丁寧な問診から始まり、そのあとに体の歪みのチェック。右にずれてる、前後にずれてる、ねじれてるなど、動かしやすさなども含めて入念にチェックしていく。

そして、施術開始。
首から始まる。首を左右に回転させると引っかかって動かしづらいところがある。施術をするとすぐにスムーズに回るようになる。

施術後は骨盤の動きもスムーズになる。

こちらの治療法は普通っぽいと勝手に思っていたが、他では受けることのないテクニックが多く登場する。骨盤の調整においては、何と15方向からアプローチするのだとか。

独自の施術が終わると、再び歪みのチェック。
施術前の歪みが取れ、正常な位置になっているのを確認できる。

それで終了。

初回はみっちり2時間くらいやってもらっただろうか。2回目以降もみっちり90分くらいはやってくださる。たいていのゴッドハンドは10分以内で終わる。
ゴリゴリに凝っていた臀部は15方向から攻められたため、これ以上ないほどにほぐれている。

歪みはなくなった。あとは痛みがなくなるかだ。

治療の翌日は普通に痛かった。3ヶ月も待ったのにだめだったかと頭をよぎる。

ところが。

痛みが日に日になくなっていく。

2週間後、あっ、そういえば最近痛くないと痛くないことを思い出した。つまり、痛みに悩んでいたことを忘れてしまっていたのだ。

本当に驚いた。神技としかいいようがない。

奇跡だ。これをゴッドハンドと呼ばずして他の誰をゴッドハンドと呼べば良いのか。

次の予約は2ヶ月後だっただろうか。歪み治す系の特徴としてすぐに戻って歪んでしまうという懸念があったが、なんと2ヶ月もった。

半年の間に計3度治療を受けたが、それで痛みは消えた。初診から2年後にメンテナンスのために訪れたが、そのときにはなんと半年待ちだった。

それから8年くらいは痛みから解放された。

ここまでたどり着くまでに1年くらいかかった。長い道のりだった。

症状により、合う合わないがあるだろうから、誰でも治るわけではないだろうが、こちらは絶対に試してもらいたい。

これ以上予約が取れなくなるのはとても困るのだが。


坐骨神経痛の治療14(隠れた仕事人、東銀座の銀座ときた鍼灸治療院の鍼)

梨状筋にターゲットを絞り、というかそれが原因と思い込むようにした。

ではどういう治療を選択するか。
ストレッチは自分で何度もやった。
梨状筋を念入りにというわけではないが、マッサージも何度もやってもらった。

梨状筋はインナーマッスルで、大臀筋の奥にある。ならば、鍼でブスッとやってもらうのが近道だと自分なりに判断。

鍼も初めてではないが、痛い箇所、足の付け根を中心に刺されていた。

鍼で調べると、ゴッドハンドとして最も名前が上がるのが川井鍼灸院(東京都六本木)ではないだろうか。
政財界を始め、芸能人も多く通う治療医のようだ。

鍼を打ったままの状態で、軽い運動をやる。
鍼を打ったら安静にしておく、もしくは、電気を流すのが一般的だが、動かすとは目に何枚鱗があっても足りないくらいの理論だ。

だが、こちらのネックは料金だろう。初診なら2万円を超えてくる。効くとわかれば、このくらいの料金は何とも思わないが、効くか効かないかわからない、効いたとしてどのくらい効果が持続するのかわからない状態となると、どうしても躊躇してしまう。

試してはみたいものの、優先度をさげることとした。

こまつ鍼灸整骨院は書籍で知った。
高麗手指鍼を駆使するまさに神の手だ。

この写真を見てグッと来ずにはいられない。
無駄とわかっていても腰に効きそうな指のあたりを押してみてしまう。

たまらない。たまらなく良い。


ただふと我にかえる。
梨状筋関係ない探し方している。

梨状筋のアプローチでゴッドハンドを探すも、出てこない。もしかして、このアプローチは有効じゃないのかと頭をよぎる。

いや、今回ばかりは自分のポリシーを貫く。

こうなったら、梨状筋症候群の治療を得意と自負するところに賭けてみるしかない。

治療院の自己評価を信じず、口コミを頼りに探すというポリシーはあっさりと捨てる。

もう、何でもありになってきたが、筋肉に柔軟性が必要なように、ポリシーにも柔軟性が必要だ。

ということで、東銀座の鍼灸院に決めた。

特別変わったところはない。
だが、ドーンと響くところを突いてくる。時折、びーんと神経全体に響くこともある。

そして電気を流し、ぴくぴくさせる。
ぴくぴくが弱い場合、鍼の場所を変えてくださる。

決して痛くはない。

効果のほどはというと、非常に良い。
下肢にあった痺れは鎮まり、座った時の痛みもかなり軽減された。痛みはゼロではないが、かなり良い。

ただ、痛みがゼロではないため、無意識に足の付け根を庇っているのか、日に日に臀部が硬くなり、1週間するもすると痛みがぶり返してくる。ただ、これほどの即効性があり、1週間ながら一定の持続性のある治療は初めてだ。

鍼は何度も試した。
本を書いているから腕がいいというわけでは決してないのだろうが、書籍を数冊出されている大先生の治療院にも行った。効果はいまいちだった。
腕も大事であるが、やはり自分に合っているかどうかも重要なポイントのようだ。

一時的にでも痛みから解放される治療に出会えたのは、とても大きな収穫だ。